2016年 トルコ旅行⑱ 2月13日 イスタンブール 再(3か目)

長らく更新を怠っていましたが、再開します。。

といっても半年前になってしまうので記憶がかなり曖昧になってしまいました。

あ~どうして日記つけておかなかったんだろう。。。

 

最終日、出発の便は夕方6時40分、

朝8時50分ころにチャックアウトを済ませました。(フロントで荷物を預かってもらいました)

最終日はパムッカレで出会ったジョアナともう一度会う約束をしてました。

ジョアナとはもう一度新市街地まで歩いて観光。残念ながらこの日はあまり天気がよくなく、カラザ塔を登るつもりでしたが、ねだんもそこそこしたので中止。

結局ぶらぶら食べ歩いたり、新市街のまちや旧市街のバザールをぶらぶらショッピング。

気がつけばもういい時間に。。お昼1時頃にジョアナとサヨナラしイスタンブールを出発しました。

帰りも電車とトラムで空港まで行きました。空港がアタチュルクかどうだったか確認するのを忘れ、曖昧だったので(イスタンブールにはもう一つ空港があります。)ドキドキしていましたが、無事空港のチェックインも出来ました。

 

かなり早くついたので、免税店で買い物。。がしかし、トルコの街中のお土産に比べてなんと高価なこと。。。お土産のさいごの砦だから覚悟はしていたけど、空港はユーロに価格設定がされていたのです。先にゲートに入ってしまったことを後悔。

なので買い物は街でするのをおすすめします。空港でするならせめてゲートに入る前に!

 

帰りトルコからドーハに行く飛行機で、となりに日本人ぽいようなハーフぽいような外見のおじさんが座っていました。どうやら彼はウズベキスタンからきたとのこと。以前日本でカザフスタンの子にあったことがありますが、その子も同じようにアジア人といえばそう見えるし、ヨーロッパといえばヨーロッパに見える。位置的にアジアとヨーロッパの中間にあるからかもしれないですね。なんだか興味深いですね。

機会があればこれらの国にもいつか行ってみたいです。

さて、ドーハからはいよいよ日本の関空へ。乗り換え時間が2時間もなかったので、ダッシュでゲートへ。次のお隣さんはイタリアでデザインの仕事をしてるという日本人女性。仕事で日本とイタリアをしょっちゅう行き来しているようです。もうかれこれ何年もそんな生活をしているようです。仕事でなんて言ってみたいセリフですね。

そんなこんなで、無事関空に到着。

短いあいだだったけど、ほんとうに内容の濃い旅だったと思います。

トルコ旅行を考えている方、トルコは人も食べ物も街の雰囲気もほんとにいいところです。

そういえば出会ったトルコ人の中で、日本人とトルコの映画の話をしてくれる方がいました。その内容は、昔和歌山の串本でトルコの船が座礁した際、日本人の救助によって救われ、そののちのイランイラク戦争時、テヘランで取り残された日本人たちをトルコの政府が救ってくれるというもので、日本とトルコの友情はこのころから今もずっと続いていると話してくれました。またワンでも地震があったとき日本人が救助に来てくれたと話していました。

このような話を聞くと日本人としてとても嬉しかったです。

わたしが日本に戻ってからも、何度か悲しい事件がありましたが、

早くまたみんなが安心して観光できる場所になることを祈ります。

 (個人的意見からするとトルコでのクルド人によるテロの標的は政府にあり、特に日本人を含めアジア人にはむいていないと感じます。それらに巻き込まれる可能性は0とは言い切れないので何とも言えませんが、ただ一部の事件でトルコ全域を危険だと決め付けてしまうのもなんだかトルコが可哀想に思えました。)

 

 

 

 

 

 

 

2016年 トルコ旅行⑰ 2月12日 イスタンブール 再(2日目)

本日の予定は

・ブルーモスク

・地下宮殿

・バザール

・アヤソフェア宮殿

ブルーモスクは観光できる時間帯がきまっているので、

まず先にアヤソフィアに行きました!(入場料は30TL)

f:id:tmywaka:20160607010133j:plain

内装は薄暗く神秘的でした。建物の大きさと細やかな装飾にただただ圧倒されました。

f:id:tmywaka:20160607010420j:plain

アラブ文字が四方(8方?いやそれ以上あったかも)に大きく描かれていました。何と書かれていたのでしょうか。。興味があります。

f:id:tmywaka:20160607010626j:plain

f:id:tmywaka:20160607010731j:plain

(天井の様子 工事中だったのが残念。。。)

f:id:tmywaka:20160607010926j:plain

博物館の中にも猫ちゃんがちらほら。何度も言いますがトルコの猫は人を怖がりません。きっと町全体で飼われているのだろうな、、、と思いました。

f:id:tmywaka:20160607011333j:plain

(二階からの様子)

次に地下宮殿へ!!!入場料は20TL

f:id:tmywaka:20160607011646j:plain

さすが地下、暗くひんやりとした空気でした。下は池になっています。

f:id:tmywaka:20160607012412j:plain

池には鯉のような魚が飼われていました。

水滴が天井から落ちる音や波紋が、さらに神秘的な雰囲気を高めます。

f:id:tmywaka:20160607012819j:plain

映画に出てきそうです。。

f:id:tmywaka:20160607012954j:plain

(メドゥーサの像)

さて、宮殿観光も終わり、小腹も減ってきたのでここで昼食タイム。

f:id:tmywaka:20160607013228j:plain

ケバブを売ってたおじさん。笑顔が素敵です。

昼食はここで頂くことに!

f:id:tmywaka:20160607013430j:plain

今回はマッシュルームと野菜のバターソテー。名前忘れました、、、。。。

これも美味しかったです!!!!ほんとトルコ料理外れなしです。

あ、ただこのヨーグルトジュース(飲むヨーグルトみたいなの)はイマイチでした。。

私には酸っぱかったです、、。。

 

次に向かうは、ブルーモスク!

イスタンブールで必ず行きたかった場所です!

観光地化されてますが、モスクはモスク、

ここに入るためには女性はスカーフを頭にかぶります。

私は偶然もっていたのでそれをかぶりました。なくても入口で貸してくれます。

f:id:tmywaka:20160607004957j:plain

(エントランス 大きすぎて写真に収まりきりません。。。)

f:id:tmywaka:20160607005036j:plain

サイドエントランス

建物の大きさに圧倒されます。

 

f:id:tmywaka:20160607003948j:plain

(ブルーモスク建物内 立派なシャンゼリアと装飾が印象的でした。)

ちなみに水色のスカーフを巻いている方は受付で借りた方たちです。

f:id:tmywaka:20160607004757j:plain

天井の装飾はどのようにして描かれたのでしょうか。。。

f:id:tmywaka:20160607005602j:plain

(広場からみた ブルーモスク)

モスク観光後天気が陰ってきました。。。アジア側にいこうか迷っていましたが、

おみやげも買いたかった結局バザールをうろつくことに。

(アジア側行けば良かったと後に少し後悔。。)

f:id:tmywaka:20160607014143j:plain

 

一つ一つの店で必ず声をかけられ、チャイを頂きなど、その他雑談の相手をしてると結構時間がかかります。

いつも日本人といって友好的な対応はしてくれるものの、値切り交渉にいまいち成功している気がしないので、今回中国人と偽ってみました。がやはり失敗。しかもちょっと店員にキレられ悔しい思いをする羽目に。

だれか値切り交渉術教えてほしい。。

 今回の買い物で感じたこと

日本人にたいしては友好的ではあるが、ただ商売しやすいからでは??という印象も受けました。おだてると落ちやすい。

いっぽう中国人は本当にほしいものしか購入しないし商売上手、おだてにも乗らないから友好的にする必要なしとぞんざいな対応をされたのかなぁ、、、と感じました。

 かなり偏見がありますが、、、!

あすはいよいよ最終日、、、!!

明日はパムカッレで出会ったジョアナと観光して、そのままお昼に空港へ向かいます。

2016年 トルコ旅行⑰ 2月11日 イスタンブール 再

更新が滞ってましたが、、、再開します!!

 

イスタンブールのオトガルに到着。

はじめもっと市街地に近いと思い込んでいたので、ここからどうすればいいのか

正直困っていました。事務所の人も英語が通じず、、、。

がしかし、セルチュクで一緒だった韓国の学生さんたちが町までの行き方を

知っていたので、一緒に行動させてもらいました。

オトガルにはメトロ(地下鉄)が近くにあるので、それで乗っていけるようです。

助かった。。。

オトガル駅で彼らは空港行き、私はアクサライまでだったので、ここでお別れ。

ここからは、初日来た時と同じ経路で行きました。

宿には朝8時ごろにつきました。

f:id:tmywaka:20160403010714j:plain

宿探しにうろうろしてると、周りの人たちが助けてくれました。

今回は勧誘とかじゃなく純粋に教えてくれました。

宿のドアのカギは閉まっていましたが、ノックするとオーナーさんがあけてくれました。オーナーさん英語通じませんでしたが、穏やかな雰囲気に癒されました。

夜行バスの中で寝たとはいえすごく疲れていたので、シャワーを浴びてから、即効寝ました。やっぱふとんは気持ちがいいです。

11時過ぎごろに、誰かがノックしました。・・・?

でると一人の青年が。「どこから来たの?」

日本だけど、あなたはここのスタッフ?違うよ、アメリカ。

へーそう。

普通に疑問もなくそうなんだと思ったけど、後から考えると彼の中のジョークだったのでしょう。すみません、冗談が通じなくて。

彼はここのスタッフさんでした。見た目もがっつりトルコ人。

「ロビーでお茶をだすから、おいでよ」

もしかして、ひきこもっていたから心配したのかな?

ロビーにはオーナーのおじいちゃんもいました。

一緒に少しだけ雑談。

彼らにイスタンブールのお勧めを聞いた後、お昼1時過ぎにやっと外にでました。

今日の予定は

・タキシム広場

・ガラタ塔

・バザール

スタッフお勧めは行きはトラムで行き、帰りは歩いてガラタ橋を渡る。

またもやスルタンアフメットの駅に近い宿だったので、そこからカバタスまでトラムにのって、カバタスからタキシムまで行きました。

f:id:tmywaka:20160403012403j:plain

(カバタスとタキシムを結ぶメトロ)

f:id:tmywaka:20160403012543j:plain

朝食がまだだったので、タキシムについてから路上でうってるパンを購入。

めっちゃ硬かった。

広場にはたくさんの観光客や地元のひとでにぎわい、写真をとったり、ひとをまったり

していました。

f:id:tmywaka:20160403013147j:plain

(タキシム広場)

f:id:tmywaka:20160403013313j:plain

すさまじい数のハト。

f:id:tmywaka:20160403013717j:plain

f:id:tmywaka:20160403013852j:plain

古いタイプの赤いトラムがあります。通りには、ブランドや服などのお店が並び、一番地元の人でにぎわうのはこの通りだと思います。(istikal caddesi)

爆弾所持が発覚し、自爆した事件があったとおりです。

f:id:tmywaka:20160403014545j:plain

また猫。イスタンブールも至るところに猫の姿がみれます。

f:id:tmywaka:20160403014705j:plain

バイクの裏に潜む黒い影。

f:id:tmywaka:20160403014822j:plain

ガラタ塔、中は入りませんでした。

f:id:tmywaka:20160403015144j:plain

ガラタ橋。西日で塔がはっきり見えます。(新市街地側)

f:id:tmywaka:20160403015014j:plain

ガラタ橋。旧市街地側、モスクがたくさん見えました。

f:id:tmywaka:20160403015820j:plain

みんなそろって釣りを楽しんでいます。

f:id:tmywaka:20160403015941j:plain

スパイスマーケット(スパイスや食材などがたくさん売られています)

グランドバザールの時もそうでしたが、入るときに警察のボディチェックがありました。こんなとこでテロがあったらひとたまりもない、、、。。。

マーケットはみていて飽きないので、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

イスタンブールもっと滞在日数必要でした。。。

 

以下宿の感想です。

station Hostel

・(おすすめ度★★★★)一泊 価格:23TL

ベット数二段ベット3台(女性専用ドミ)

スタッフ英語 〇(オーナーさんは△)

シャワー ◎ シャワーに関してはここが一番良かったです!

暖房設備 〇

freeWi-Fi ○

コンセントの数 〇 

ロケーション 〇

朝食があれば満点です

紅茶は自由に飲むことが出来ます。

アットホームな雰囲気で、スタッフの方はとても友好的でした。

 

f:id:tmywaka:20160606233533j:plain

 廊下の様子

 

 

f:id:tmywaka:20160606233511j:plain

部屋の様子

f:id:tmywaka:20160606233808j:plain

シャワー室の様子

2016年 トルコ旅行⑯ 2月10日 セルチュク エフェス遺跡観光

f:id:tmywaka:20160331025552j:plain

(エフェス遺跡)

朝9時ごろ起床

朝食を食べてから、オトガルについたときはもう11時頃だったと思います。

f:id:tmywaka:20160331030108j:plain

(セルチュクのオトガル)

 セルチュクでまず次のバスの予約をしに行こうとメトロに向かいましたがそのとき

一人の男性が向かってきました。

「どこに行くんだい?」

あ、客引きだな。オトガルの客引きは良いうわさ聞かないので、スルーしてメトロに直行。次の目的地はイスタンブール。夜8時出発の夜行バスを予約しました。セルチュクからイスタンブールまで75TLでした。

メトロの人に、その後エフェスに行きたい旨知らせると、エフェスは別のミニバス会社が運航している様子。

ミニバスがとまっているところに向かうと、さっきのおじさんが、また近寄ってきて、、、「エフェスに行きたいんだけど、、」と聞くと、

おじさん:「なぜさっき無視したんだ、僕はどこへいくのと尋ねたよね、僕のガラスの心は壊れたよ」

私:「ごめんなさい、だってときどき高い値段を売る人がいるでしょ?」

おじさん:「・・・・・」「エフェスはあのバスだよ」

今の間は一体。。。

バスにのって待っていると、窓からおじさんの姿が見えました。

おじさんバックパックを背負った客を見つけ、すぐさまセールスに駆けつけていました。

どうやら成功したようで、客を事務所に連れて行ってました。

5分ほど待ちバスが出発。バス代は3TLだったと思います。

f:id:tmywaka:20160331032025j:plain

エフェスに到着!観光バスや車が止まってました。

f:id:tmywaka:20160331033114j:plain

入り口周辺にはお土産屋やカフェが何件か並んでいます。

f:id:tmywaka:20160331033312j:plain

エントランス。入場料は30TLしました。受付のお兄さん、笑顔が素敵です。

f:id:tmywaka:20160331033527j:plain

エフェス、猫の宝庫です。至る所にいます。人慣れしてるので触っても怒りません。

f:id:tmywaka:20160331033654j:plain

獲物を狙っているのでしょうか。(何もおらんけど)

パムッカレの時と比べると、かなりおおきな劇場でした。

f:id:tmywaka:20160331034245j:plain

大劇場脇にあった通路。控室的なところに繋がっていたのでしょう。

f:id:tmywaka:20160331035539j:plain

河童?!!

f:id:tmywaka:20160331034609j:plain

柱の装飾がすごいです。どうやって作ったのでしょう。。

f:id:tmywaka:20160331034902j:plain

図書館だそうです。

f:id:tmywaka:20160331034742j:plain

音声(別料金)をけちったので何が何かはっきりとわかりません。。。。

途中から同じバスだった中国から来た同じくおひとりさまの子と一緒に回ることになりました。旧正月の時期とかぶったので本当に中国の方が多かったです。

そしてみんな香港の周辺出身の子が多い。

f:id:tmywaka:20160331035034j:plain

二つ目の劇場。

f:id:tmywaka:20160331035138j:plain

テルマエロマエの世界ですね。ローマじゃないけど。

映画やゲームに出てきそうです。

f:id:tmywaka:20160331035334j:plain

すごい、、、偶然でしょうか??

 

 

f:id:tmywaka:20160331040143j:plain

お墓、、小さくないですか。昔の人はギリシャ人も小さかったのでしょうか。

それか子供用???

f:id:tmywaka:20160331040332j:plain

 

猫。気持ち良さそう。

f:id:tmywaka:20160331040450j:plain

またまた猫。私のカバンからなかなか離れてくれませんでした。

f:id:tmywaka:20160331040638j:plain

昼食は遺跡の入口にあったカフェで食べました。

ケバブセットと紅茶(チャイ)を注文。いやほんと、トルコ調理ハズレなく全部美味しい。

その後時間があったのでセルチュクの街をぶらり。

f:id:tmywaka:20160331041215j:plain

セルチュクには鉄道がとおっているので、それを見に行きました。

今回すべてバス移動にしてしまったので、ここで鉄道も入れてみてもよかったな、、、。

f:id:tmywaka:20160331041505j:plain

まさかこれ?いや違いました、これは展示用の様です。

f:id:tmywaka:20160331041834j:plain

あれです。特急みたい。きれいですね。

駅は工事中なのか、なんというか、、、殺風景でした。

f:id:tmywaka:20160331041947j:plain

 

f:id:tmywaka:20160331041631j:plain

地球の歩き方?!!発見。

f:id:tmywaka:20160331042144j:plain

ミカンの木?発見。

f:id:tmywaka:20160331043055j:plain

町の様子

しばらくぶらぶらしていましたが、イスタンブールでの宿の予約がまだだったので、戻りました。

f:id:tmywaka:20160331043244j:plain

ANZのオーナーさん(弟さん))

後ろに中国の文字が、あるので一瞬中国みたいですが、トルコです。

f:id:tmywaka:20160331043630j:plain

セルチュクのオトガル。メトロ社の前。ここにも猫が(笑)

オトガル内にベンチがあったので中で待たせてもらいました。

韓国からきた学生さんが二人待っていました。かれらも私と同じバスに乗り、イスタンブールに帰るそうです。

イスタンブールでそのまま空港に行き、韓国に帰ると話してました。

時間通りバスが来たので乗車。9時間かけてイスタンブールに戻ります。

セルチュクからイスタンブールの間に湖があるのですが、、橋もない様子。

迂回していくのかと思っていましたが、まさかのフェリー。驚きました。

f:id:tmywaka:20160331044300j:plain

酔わないか若干心配でしたが湖だったからか大丈夫でした。

 

 

 

 

 

 

2016年 トルコ旅行⑮ 2月9日 パムッカレ~セルチュク

朝4時ごろサフランボルやギョレメの時と同様途中で降ろされ、ミニバスに乗り換えました。今回は他にもたくさん観光客が乗っていたので安心でした。

添乗員さんも英語が話せました。

きっとこのコースは観光客が多く対応に慣れているのかもしれません。

添乗員さん寝ている私に声をきちんと掛けてくれます。

これまでもそうですが、長距離バスは降りる場所を知らせてくれるので

助かります。ちゃんと把握してくれているのが有難い。。

ニュージーランドの時は何もないからいつ降りたらいいのか不安で仕方なかったです。

パムッカレへついたときはすこし明るくなりかけていました。

オトガル内は中国人と韓国人観光客でいっぱいです。

オトガルで時間を待っている間に次のバスの予約をしました。

次の目的地はセルチュクという小さな町で、ギリシャ帝国時代の遺跡後があるところ。

パムッカレからは35TLでした。

ここの受付のおじさん、奥様がどうやら日本人の様です。

パムッカレのツアーを進められて迷いましたが、結局自力で行くことに決めました。

というのも、待ち時間日本人かなーと思って話しかけたおひとりさま女子

(実は中国の人でしたが)と一緒に観光することになったから。

石灰棚行くまでのみちに、気球が一体浮かんでました。

f:id:tmywaka:20160330020326j:plain

 

あーカッパドキアの気球もみておけばよかったーっと今更になってきづく。

ちなみに白いのは雪じゃなくて石灰岩です。

f:id:tmywaka:20160330022404j:plain

(石灰棚ゲート付近より撮影)

この辺りは気温も10度近くあり暖かかったです。

一緒に回ることになった子、名前はジョアナという子なのですが、めちゃ頼もしい。

何をするのも強気です。たまにそこまで言わなくてもと思う時もありますが(笑)

こういう点が中国のひとのたくましさなんでしょうね。

朝早かったのでまだ石灰棚のゲートが開いていなかったので、

私たちは朝ごはんを先に食べることにしました。

がしかし当然レストランもまだ空いてません。彼女はどうやら中華が食べたい様子。

あったけどまだ開いてない。

 

他の店をうろうろしてると、トルコ人の客引きに会いました。

お土産屋だったのですがジョアナ、「私たちはおなかすいてるから何か食べたい。」とお土産屋さんに言う。お土産屋「レストランは隣だよ。」(当然の反応だ)

「でも閉まってるよ」まだ閉まっていたが、わざわざ開けてもらいました。

もうこの時点でもうここで食べなきゃならない空気になってしまいますが、

彼女はそんなこと気にしません。早く出せるものはないの?と。

メニューを見せてもらったのですが、、、、結局頼みませんでした。

帰り際に朝食用のパンがまとめて袋に入れてあったのを指差し、

「ねえあれはいくら??」

レストランのおじさん、「それは売り物じゃないよ。朝食用だから。」

ジョアナ「売ってくれるとしたらいくら?それでいいわ。」

おじさん「それだけでいいなら、もっていきなよ、代金はいらないから」

 

朝食はおじさんにもらったパン一本を2人でわって食べることに。

そうこうしてるうちに時間がきましたので、いよいよ石灰棚へ、、、!

石灰棚とヒエラポリスの入場料は一緒になっています。(25TLでした)

f:id:tmywaka:20160330023309j:plain

 

この白い部分を登って行くのですが、石灰を汚さないためになんと土足厳禁、裸足でないといけないようです。

ただ白い岩の上を裸足で歩いて行く感じなのですが、、、

激冷です。地獄の試練かと思うくらい。

朝だったからでしょうが、、冷たくて、感覚がなくなるのではなく、

もはや痛いと感じるほどです。皮膚がちぎれるのではないかと思ったくらい。

誰か怪我したのか血痕もありました。

たまーに暖かい水があるので、それをオアシスにして上を目指しました。

f:id:tmywaka:20160330023944j:plain

景色はとってもいいです。

f:id:tmywaka:20160330024138j:plain

f:id:tmywaka:20160330024715j:plain

上のほうまで来るとかなり暖かい水もあり、癒されます。

f:id:tmywaka:20160330024906j:plain

残念ながら15年ほど前から水が枯渇してきているため、

ガイドブックほどのきれいな姿は見れないようです。でも私的には満足でした。

f:id:tmywaka:20160330153849j:plain

(ここで何人か泳いでいる人もいました、、さむいのにすごいわ、、)

 つづいてゲート内にあるギリシャの遺跡(ヒエラポリス)を見に移動。

f:id:tmywaka:20160330154115j:plain

(園内地図)

f:id:tmywaka:20160330154515j:plain

昔のひとがどのようにつくったのか、、不思議でたまらない。。。

f:id:tmywaka:20160330154316j:plain

劇場がきれいに残ってます。

f:id:tmywaka:20160330154936j:plain

まん中の文字はギリシャ文字でしょうか。。??

f:id:tmywaka:20160330155308j:plain

他にもたくさん残っていましたが、お互いにおなかもすいてきていたので、

引き返すことになりました。

f:id:tmywaka:20160330154744j:plain

オトガルまでの帰り道。チームプレイで餌を探しているのでしょうか、、、。

ジョアナは商社で働いているようで、ボスがトルコ人なのだとか。

ボスと連絡を取りたいということで、SIMカードを買いにボーダフォンショップへ。

なんと彼女値切りに値切って、70TLのところを55TLまでもっていきました。

電話も値切れるもんなんですね、、、。若干相手はキレ気味でしたが、、流石です。

ジョアナはアンタリアというリゾート地(ボスのお勧めだそうな)へ。

私はエフェスに行くためセルチュクへ。

ここでお別れです。またイスタンブールで会おうという約束をし、ジョアナは先に出発。

その後、バスを待っていると、40代くらい女性からいきなり声をかけられました。

それも日本語で。「トイレはどこですか?」と。まさかの日本語に驚きです。

私も「えっと、、そこです」日本語で対応。

見た目はハーフかなと思いました。そのあと日本人ですか?と尋ねると、

どうやらペルーの人で、お母さんが日本人だったようです。

日本にも昔住んでいたようですが、今はかなり忘れていると話してました。

でも英語よりは日本語のほうが話せる様子でした。

彼女も同じくセルチュク行きのバスだったのでそれまで一緒に行動することに。

南米のノリでかなり友好的で、楽しかったです。

セルチュク行きのバスは大型バスではなくミニバスでした。

その運転がかなり荒く、ちょっと怖かったです、、、!

セルチュクへは4時間ほどかかり、夜8時ごろに到着しました。

セルチュクのオトガルから宿は3分くらいでつきました。

宿名はANZ GUESTHOUSE。

丁度夕食時で、10TLで頂くことが出来たので、お願いしました。

ここの宿は兄弟で経営していて、弟さんが料理好き。美味しかったです。

弟さん日本の沖縄に行ったことがあると話していました。

でもなにもかも高くて何もできなかったと、、、。

宿はアットホームな雰囲気で、家族のようにみんなで同じテーブルを囲んで

ご飯を食べました。

今日のルームメイトはチェコ人、アルゼンチン人。

どちらもトルコに旅行ではなく仕事で住んでいるようです。

ここからトルコ人への愚痴大会。

男性社会のトルコで特に田舎は、女性が他の男性と話すだけで軽い女に見られるようです。「私はただ礼儀正しくしただけなのに」と、不満顔。

だから観光客に手だそうとするのかな、、どこかでそんなこと書いているのを見た気がします。宗教上の壁はすごく大きい。。

 

宿の感想は以下です。

ANZ GUESTHOUSE(おすすめ度★★★☆)1泊 価格:30TL

ベッド 9台(ドミトリー)

スタッフ英語 〇 

シャワー △ ※5分も使用しないうちにほぼ水になりました。

暖房設備 〇

freeWi-Fi 〇 

コンセントの数 〇

ロケーション 〇

朝食 〇(+10TLで夕食が付きます)

 

f:id:tmywaka:20160331030333j:plain

(外観)

f:id:tmywaka:20160330161113j:plain

(食堂のようす)

 

f:id:tmywaka:20160330164101j:plain

(部屋の様子)

f:id:tmywaka:20160330164208j:plain

(外観)

f:id:tmywaka:20160330164300j:plain

(トイレ 日本の和式みたいです)

f:id:tmywaka:20160330164543j:plain

(階段から撮影)

 

2016年 トルコ旅行⑭ 2月8日 カッパドキア2日目

カッパドキア2日目です。

ホテルは昨日と同じところを延泊しました。

次の目的地は、私が行きたかった場所のひとつパムッカレ。

今回は夜行バスを利用します。夜の8時にカッパドキアをでて、朝の5時ごろ現地に到着予定です。バス会社はまたもやメトロ社。ギョレメのオトガルからデニズリというところに行きます。料金は55TL。

出発までかなり時間があるので正直昨日出ても良かったなと後悔しました。。

というのも、カッパドキアは昨日のツアーで満足してしまったから。

することがない。。。

この日は先にパムッカレのあとの予定をこの日考えたので、

宿を出たのは昼前、

とりあえず朝書いたハガキを出すため郵便局をさがしに出歩きました。

 町の人に道を聞きつつ、ショッピングしつつ、、

f:id:tmywaka:20160329150709j:plain

タイっぽいパンツ、25TL、迷いましたが、きっと日本ではかんだろうと思って結局買わず。

f:id:tmywaka:20160329151459j:plain

昨日食べたポッテリーの蓋らしきものが並べられてました。

 

f:id:tmywaka:20160329150908j:plain

見つけましたPTT(郵便局のこと)すこし中の道になるので、一瞬見落とします。

切手購入し、ポスト投函。

f:id:tmywaka:20160329151237j:plain

(トルコは黄色いポスト、ちなみに切手をすでに持っていればインフォメーションでも出せます)

幸いこの日はいい天気、昨日とはまた違った表情を楽しめました。f:id:tmywaka:20160329151616j:plain

町の中心通り、いい天気だからか歩いているっ人も昨日より多く、

観光客にも出会いました。

f:id:tmywaka:20160329152110j:plain

ねこも気持ち良さそうです。

f:id:tmywaka:20160329152257j:plain

木にたくさん瓢箪がぶら下げられてました。

f:id:tmywaka:20160329152425j:plain

おじさんの顔とか体系とかリアルで、結構不気味です。。。。

f:id:tmywaka:20160329150421j:plain

坂道がなかなか急でした。

f:id:tmywaka:20160329150534j:plain

鶏発見。逃げてしまわないのかしら。。。

f:id:tmywaka:20160329150151j:plain

写真ではうまく伝わりませんが、丘の上からの景色は絶景でした。

f:id:tmywaka:20160330025857j:plain

後ろにそびえる岩はローズバリーでしょうか。

今日ツアーに参加すればよかったな~

f:id:tmywaka:20160329152833j:plain

通りすがりに宿のおじさんに声をかけられ、お茶を頂きました。

宿の宣伝しといてとのことなので、一応。

f:id:tmywaka:20160329153212j:plain

ここの宿いくらかは知りませんが私がとまったとこより、かなり雰囲気よかったです。

宿からの景色もいいです。洞窟ホテルではなさそうですが。。

f:id:tmywaka:20160329153311j:plain

宿に荷物を預けていたので取りに行くとあたりは暗くなりまじめました。

荷物をもって夜ごはんを食べに、、、!

f:id:tmywaka:20160329153447j:plain (メイン通りにあるお土産屋さん。)

 

f:id:tmywaka:20160329153638j:plain

f:id:tmywaka:20160329153729j:plain

今夜はここでご飯を食べることにしました。

f:id:tmywaka:20160329153830j:plain

チキンケバブ、ヨーグルトにつけて食べるのが斬新、、、でも美味しかったです!

15TL。ワイファイも使えます。

7時半ごろにオトガルに到着。ギョレメの事務所はとっても小さいのですが、

観光客でいっぱいでした!

やはりそれだけカッパドキアやパムッカレは人気スポットなのでしょう!

待っていると、トルコ人がやってきました。どうやら宿の人っぽいのですが、

お客さん探しに来たのでしょうか、不明ですが、

韓国人の子たちと、私、その彼と会話し出しました。

そこで最近日本人観光客が少ない、日本人はいまどこに行ってるんだ等、

ここでも日本人少ない話がでました。

日本に戻ったら新聞にコメントでもかいてくれよ、トルコは大丈夫だって強い軍隊がいるからISは怖くないぞ等々、、延々と語るおじさん。

 

日本は自分の意思より集団の意思を重んじる国民性。

会社でも学校でも。

危ないからという意識ももちろんありますが、このことで日本やまわりに迷惑をかけたくないの意識のほうが強いのではないでしょうか。

私が帰ってきてから立て続けに事件があり、完全にトルコは危ない国になってしまっている今、行く人はもっと減る気がします。。。

トルコは完全にとばっちりを受けてるとしか思えませんが、犯人はクルド系が多いのでフランスの時とは違い、トルコの政治的な理由もあるのでしょうか。。はやくトルコが安全である国といえるようになればいいですね、、、。

 

 

 

 

 

 

 

2016年 トルコ旅行⑬ 2月7日 カッパドキア

f:id:tmywaka:20160329030319j:plain

カッパドキアラブバレー(愛の谷)より)

朝8時に起床。

朝食はこんな感じ。

 

f:id:tmywaka:20160329015321j:plain

しばらくまったりしてました。

サフランボルで同室だった子たちが同じホテルを予約したと言っていたので

少し待ってみましたが、結局来ず(プラン変更したのかな)

昨晩吹雪いていた雪はやんでいましたが、

外はマイナス4度。やっぱり寒かったです。

 

f:id:tmywaka:20160329015723j:plain

(ホステル出てすぐの景色)

カッパドキアは気球で有名なところなのですが、墜落事件などを耳にすると

私は高いお金払ってまで参加したいとは思えなかった。

なので、とくにする予定もなく、、、

とりあえず街歩きに外へでました。

 

f:id:tmywaka:20160329020119j:plain

丘になっていたので、とりあえず登ってみました。

f:id:tmywaka:20160330025440j:plain

独特な雰囲気があります。曇り空なのが残念。

f:id:tmywaka:20160329020435j:plain

f:id:tmywaka:20160329034709j:plain

空家の洞窟がたくさんありました。

f:id:tmywaka:20160329020619j:plain

火山の噴火によって形成された様ですが、、、どんなふうにできたのか不思議です。。

f:id:tmywaka:20160329021004j:plain

寒いからか外を出歩いている人はほとんど見かけませんでした。

f:id:tmywaka:20160329021359j:plain

町まで降りてきました。

ワンでもそうでしたが、道が凍っているところもあって滑りやすかったです。

ブーツ(合皮タイプのだったので長靴代わりになりました)

持ってきておいて良かった、、。

f:id:tmywaka:20160329021533j:plain(ギョレメのマンホール 水たまりが凍ってます)

カッパドキアはギョレメ、ユルギュップ、ウチヒサル、ネヴシェヒル、アヴァノス全体のことを指すようです。私はそのうちのギョレメのみに行きました。

f:id:tmywaka:20160329022407j:plain

朝10時ごろ、お店はまだ空いていないところもありました。

f:id:tmywaka:20160329022206j:plain

 

商品が雪まみれで放置。でもこんなゆるい感じ好きです(笑)

ここのお店で雪でよれよれになったポストカード(1TL)を購入。

あとで友達と家族に送ろう、、、。

 

 f:id:tmywaka:20160329022827j:plain

このように町にはお土産屋とツアー会社が並んでいました。

まちをうろうろしているとツアー会社の店の人につかまりました。

ツアー参加するつもりなかったけど、正直することがなかった。。

(町も小さいです)

ひとつくらい参加しようかな、ということで話を聞くことに。

(人気のないカッパドキアを一人行動するのは危ないと感じたので。。)

ツアー会社のおっちゃん、「最近日本人が少ない」と嘆いてました。

「同じアジア人でも国によって全く性格が違うよね。

人によっては日本人と偽ってくる人もいるよ。」とおっちゃん。

そうなんだー、、。

ツアーはレッドコース(3時間)をバギーでまわるというのに参加しました。

この時もしや日本人ではなく中国人ですって行ったほうが安くなったんじゃないか

ともんもんしてました。(彼ら交渉事ほんとうまいから)

後にパスポート確認があったので、どっちにしろ失敗ですが。

値切り交渉、、旨く行ったかは不明ですが、

本当は90TLのやつを60TLにしてもらいました。

他の客は70TL支払ってるから言わないでね、、と。本当かな、でも有難う。

3時に集まりましたが、ほんと冬は閑散時なのか、

他に客は来ず、、、。しばらく待たされました。

仕方なし出発。えー2人かぁ。ちょっとやだな。。。

と思ってましたが、途中で中国人カップルが加わりました。ほっ、よかった。

おっちゃんとデートかと若干ひやひやしてました。

 

f:id:tmywaka:20160329030849j:plain

(ローズバレー 絶景スポットの様です)

f:id:tmywaka:20160329025408j:plain

ほんとてんきがねぇ。。。

f:id:tmywaka:20160329025652j:plain

ラクダ発見。ラクダって暑い国の生き物だと思っていたので、驚きです。

砂っぽい国に生息できるのでしょうか。

 

f:id:tmywaka:20160329025848j:plain

きのこ岩

f:id:tmywaka:20160329030025j:plain

よくお土産とかにうられている有名な、3本のきのこ岩。(パジャパーのきのこ岩)

シメジみたいですね。

f:id:tmywaka:20160329030135j:plain

このバギーに乗ってきました。

f:id:tmywaka:20160329031700j:plain

愛の谷。ガイドさんいわく、見た目が男性の〇〇みたいだからそう言われる説もあるそうな。

 

戻るとあたりはうす暗く、おなかも丁度減ってきたので、レストランへ行きました。

KALE TERRASSE RESTAURANTという名前で、雰囲気もとてもよかったです。

f:id:tmywaka:20160329032321j:plain

カッパドキアで有名なpottely kebap(ポッテリーケバブ)を

食べました。つぼをカンカンたたき、ふたを開けると、中にシチューの様なのがはいってます。トルコにしては少し割高ですが、激うまです。

(スープ付きで26TL)写真のまん中のやつです。

f:id:tmywaka:20160329145501j:plain

 

ポッテリーケバブは他のお店にも売っているので、

カッパドキアに来た時は是非試してください!

トルコ料理は全部美味しかったですが、これが一番美味しかったと思います!

f:id:tmywaka:20160329145223j:plain

 (レストラン内装 暖炉があってあったかかった~ワイファイも使えます)

この日初めてトルコに来て日本人グループに遭遇しました!!

テンション上がってつい話しかけてしましたした!!

どうやら彼らは大学生で、卒業旅行にきたそうな~

さっき着いたばかりで街歩きをしているようです。

一泊したらあしたはイスタンブールに戻ると話してました。

 

余談ですが、、、レストランのトイレで面白いなーと感じたのがあったので、

つい写真撮ってしましました。

f:id:tmywaka:20160329033351j:plain

ボタンを押すと、便座のビニールがきれいな部分へと回ります。

なるほど、トルコのトイレ事情でしょうか。。。

ちなみにトルコでは公共のトイレは有料です。

トイレ入口に受付の様なところ(チケット売り場の様なカウンター)に

おじさんがいるので1TL支払う必要があります。

カッパドキアの公共のトイレ

f:id:tmywaka:20160329154007j:plain