読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年 トルコ旅行④ 2月2日  イスタンブール出発

2月2日、朝4時半あたりはまだ暗い、みんなを起こさないよう静かーーーに

荷造りし、

5時半頃に受付へ、フロントのお兄さんはソファで眠ってましたが、

私の足音に気づき、電気をつけてくれました。時間通りにちゃんと来るか心配でしたが

5分ほど前にちゃんとバスが来ました。

空港にも割と早めにつきました。

国内線へチェックインして、荷物のセキュリティチェックへ、ゲートをくぐった後、ひとりのスタッフに呼び止められました。あらなんかひっかかった?と思っていると、「あなたどこの人?」っていわれ「日本人です、、」と答えると、、、「oH! Jaoponya!! we love you!!(にこっつ)」と、それだけで呼び止めた??!!って感じでしたが、素直に嬉しかったです。

その後時間を持て余していたので、スタバへ。

私コーヒーは苦手なので紅茶(7TL)を注文。

店員のおにいさん、はじめ英語が通じず、別のお兄さんが横で通訳。そのあと簡単な会話をしました、私が日本人とわかると「Japonya~?!!」とテンションが上がり、なんと紅茶をサービスしていただきました。「これは僕たちからのサービスです、だからお金はいりません、トルコへようこそ、よい旅を!!」ですって。

おまけを付けるとかじゃなくて、タダですよ?日本人もホスピタリティはある方だと思いますけど、ここまできっとできないでしょう。ただ日本人てだけなのに、、

またトルコの親日さを肌で感じました。

ゲートに着くとなんとなく全員現地の人って感じでした。すごく、ものすごく視線を感じました。きっと日本に来てる外人さんもこんな気分なんでしょうね。

 

 2010年トルコにおける日本年