読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年 トルコ旅行⑤ 2月2日  ワン1日目

f:id:tmywaka:20160225002511j:plain(side hotel 部屋から撮影)

つきました!ワン!、、、寒い!!!雪ふってる、積ってる!!!

この日のワンはマイナス2度。イスタンブールは8度ほどあったのでかなり寒く感じました。

さて、ホテルまでの移動ですが、地球の歩き方情報では乗り合いバス「ドルムシュ」(1.50TL)なるものがでているはず。でもどこから??全くそれらしきものが見当たらない。周りの人に聞いてみるが一切英語話しません。

ここで活躍、指差し会話。まずは女性の親子っぽい方に「merhaba~(こんにちは)」「Dolmus nerede?」(ドルムシュはどこ?)←多分

て指差しながらいってみると、「あっち」と出て左を差してくれました。しかしそれだけでわかるはずもない、、、。仕方ない、外でもう一度聞くか。。。と車で待機してた男性に再チャレンジ。すると実はこの方も場所が解らなかったようで、「オテル(ホテルのこと)」「where」と聞いてきました。プリントしてきた地図をみせると、Google mapで調べだしました。そのあと誰かと電話、どうやらお迎えに来ていたようで、10歳ほどの子供とそのお父さん?お兄さん?らしき人がきました。どうやらこっちの男性のが片言で話せる様子。

男性「一緒に乗せてくよ」私「え、大丈夫です!!!」男性「遠慮すんなって!」てきな顔。なんか怖い事件とかにならんかったらいいけど、、どうしよう、、でも、、子供いるし大丈夫よね、、、。

私「えっと、おいくらくらい払えばいい?」男性「No、No」

結局、乗せてもらうことに。(内心ドキドキしてました)

子供,アジア人に興味しんしん「where are you from」と聞いてきました。

私「japonだよ」男性:「Japonya!!why van??」とこっちも興味しんしんな感じで聞いてきました。

私「ワンcat」男性:「VAN CAAAAAAT!!!!!」なんかすごい嬉しそう!

心配してましたが、ちゃんとホテルまで送り届けてくれました!お礼にほっカイロ渡してきました。疑ってすみません。

ホテルに無事到着。VAN全く観光客らしき人見かけませんでした。アジア人もひとりもいない、受付のソファに座ってると続々とトルコ人客(男性ばっか)が入ってきました。

しかしこの国は男性のおじさん同士でもぎゅーーーーっていうハグするんですね~

ワンにはドミトリーはなくシングルに泊まりました。

すこしゆっくりしてから、早速ワン猫さんに会いに行きました。

 

ホテルの感想は以下です。

・Side HOTEL(おすすめ度★★☆☆)二泊 価格:138TL

ベッド一台(寝心地抜群です!)

スタッフ英語 オーナー〇 スタッフは人によっては話せません

シャワー 〇 ※ただしお湯は夜は8時から使用可能

暖房設備 〇

freeWi-Fi △ 2日目、繋がりませんでした(接続の問題でしょうけど、、、)

コンセントの数 〇

ロケーション 〇

朝食 〇(お茶は自由に飲めます)

部屋のドアが古く、ドアをあけるコツをつかむのに時間がかかりました。

英語を話さないスタッフがいるのですが、その人がセクハラっぽいので要注意です。シャワーの件とか、ドアの件で話さざるを得ませんでした。もしからみなかったらなんてなかったと思いますけど、女性一人はあんまりお勧めしません。オーナーとその他のスタッフはいい人なんですけどね、、、。受付はどうやら交代制の様です。

電気代節約のためなのでしょうが、雰囲気は暗めです。部屋は明るいですが。

 オーナーさんいわく昔はドミトリーの部屋もあったようなのですが、トルコ人にドミトリーはうけないらしく今はシングルのみにしているようです。ワンはトルコ人観光客のほうが多いのかもしれませんね。

 

f:id:tmywaka:20160225002716j:plain(部屋の様子)

f:id:tmywaka:20160225002929j:plain(バスルーム)

f:id:tmywaka:20160225003255j:plain(ホテル外観)