読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年 トルコ旅行⑫ 2月6日 カッパドキアへ

朝9時に起床。

朝食を頂き、、、

f:id:tmywaka:20160322021016j:plain

朝から猫ちゃんたちのあいさつに癒されました。

 

 

f:id:tmywaka:20160322015348j:plain

f:id:tmywaka:20160322015538j:plain

f:id:tmywaka:20160322015659j:plain

(黒い子が女の子、トラは男の子のようです。

この子たちは、オーナーさんが飼ってるねこちゃんだそうです

てことは町のにゃんこも飼い主がいるのかもしれません。)

 

 

カッパドキアとは、ギョレメという町やその周辺の一帯をそのように呼ぶようです。

サフランボルからだと一度アンカラで乗り換えをしなくてはいけないようです。

バスの予約はホステルのスタッフさんが一緒に手伝ってくれました。

 

メトロ社はすでに予約がいっぱいだったため、今回「KAMIL KOC」という会社にしました。(時間がこちらのほうが多いようです)

サフランボル-アンカラ 30TL

アンカラ-ギョレメ 40TL

合計 70TLでした。メトロも同じ値段でした。

f:id:tmywaka:20160322020830j:plain

 

バスの出発時間は10時45分。

オーナーさんが他の旅行客と一緒にサフランボルのオトガル(バスステーション)まで送って下さいました。

f:id:tmywaka:20160322020228j:plain

サフランボル オトガル外より撮影)

またまたアンカラ到着。乗り換えに30分ほどあったけどすることがなかったから

出発ゲート付近で待ってました。

私が乗る場所がわからず、うろうろしていたら、周りの方が「どこ行くの?ギョレメならあのバスだよ」と教えて下さいました。

バスには最終地点が表示されているので、途中下車する時は、見分け方が分からないのです。

無事ハスに乗車しましたが、あるオトガルで途中下車させられました。

GPS今回は発動させていたので、まだついていないことは分かっていた)

降りた時に、バスの添乗員さんに聞いてみたが、言いたいことが通じず、、

周辺の人が助けてくれました。

どうやらセルビスというミニバスに乗り換える必要がある用です。

(この辺ちゃんと説明してほしかった、、、。)

ドキドキしていましたが、今回はGPSという強い味方が!

がしかし、GPSをみてるとギョレメを通り過ぎてしまいました。

あれ???????まさか存在忘れられてる???言うべき??

ともんもんしてると。3人ほど新たな乗客が乗ってきました。

彼女らを乗せてギョレメ方面へ引き返しました。

なるほど、そういうことか。

 

ギョレメに到着したのは夜8時くらいだったと思います。あたりは吹雪いていました。

でもギョレメのオトガル付近にはバックパックや、スーツケースをもった観光客が数名いたので、ほっとしました。

このまますぐにホテル探し。

今回もすぐに見つけられず、近所の方の協力でたどり着きました。

今回は楽しみにしていた洞窟ホテル!!!

でも、、、想像したのとちょっと違いました。。。

きっと激安の宿だったので、ほかにもっと良いところがあったのでしょう。。。

 

以下ホテルの感想です。

 

stay In Peace Cave Hostel(おすすめ度★☆☆☆)二泊 価格:38TL

ベッド 6台(ドミトリー)

スタッフ英語 〇 皆さん落ち着いた雰囲気です。

シャワー △ ※5分も使用しないうちにほぼ水になりました。

暖房設備 〇

freeWi-Fi 〇 

コンセントの数 〇

ロケーション 〇

朝食 〇

洞窟だからか、古いからなのか、、、

部屋がカビ?土臭いのと、シャワーが残念でした。

子犬がいます。やんちゃな時期で足をちょいちょいかまれました涙

スリッパを取られ取り返そうとすると、本気がみされそうに。。。

ワンちゃん苦手な人は注意です。

料金の安さはここが一番だと思いますが、2日目は他のとこにしてもよかったかも、、、、と思いました。

f:id:tmywaka:20160322023149j:plain

 (部屋の様子 男女共有ドミトリー)

f:id:tmywaka:20160322025807j:plain

本日はアンカラから来たトルコ人の学生さんがルームメイトでした。

彼女たちも明日もうアンカラに戻ると話していました。